一眼カメラの楽しさは「ボケ」にあり

一眼カメラを買ったばかりの知人や、オートから脱出できずに
家でカメラが眠っている知人におすすめするのは、
「絞り優先AE」にすることです。
撮影モードを、「A」や「Av」にして、
絞りの数値(F2、F4、F5.6……F16などと書いてあるところ)を
一番小さく、できる限り小さくしてみる。

そして、撮りたいものにできるだけ近づいて
シャッターを押してみます。

すると、背景がぼけた写真が撮れるはずです。
このボケこそが一眼カメラのもっとも楽しいところで、
なんだか急に上手くなったように感じます。

「小さい数値」の絞り値にすると、
次のような写真の楽しさを味わえます。

その1:撮りたいものが明確になる
    ピントが合う範囲が薄いので、撮りたいところだけにピントが合い、
    あとはぼけることで撮りたいものがはっきりします。

その2:玉ボケを楽しめる
    背景にキラキラしたもの、たとえば電気や反射したグラス、葉っぱからの木漏れ日などが
    あると、丸いボケになって写真のアクセントに。

その3:暗い場所でもブレずに撮れる
    暗い場所で撮影すると、シャッター速度が遅くなって「カッ……シャ」とシャッターがおります。
    遅ければ遅いほどブレやすいのですが、絞り値を小さくすることで、シャッター速度を
    速くすることができます。ISO感度を上げることでもシャッター速度は速くできるのですが、
    上げ過ぎると画質がざらざらで汚くなるので、絞りで調整したいところです。

一番小さくできる絞り値(開放絞り値)はレンズによって違って、
小さいほど楽しい写真が撮れてモチベーションも上がります。
開放絞り値の小さいレンズは単焦点レンズがほとんど。
なので、最初の1本は、単焦点レンズを買うことをおすすめしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ブログ

次の記事

雨の日はしずく撮影